試験風景

JALハンガー見学

ANAハンガー見学 

NCAハンガー見学  
  
さくらの山から航空機の離発着を楽しむ参加者
 9月19日()第4回 成田空港力検定を「空の日」・「空の旬間」成田地区記念事業の一環として開催しました。当日は、全国各地から過去最多となる158名もの受験者が成田空港に集まり「そらけん」に挑みました。年齢層も幅広く最年長は79歳女性、最年少は8歳の男の子と男女年齢問わず成田空港に興味がある方々に参加いただきました。

 検定終了後に希望者を対象に行った空港見学バスツアーは、飛行機を間近で見られるツアーのほか、JAL・ANA・NCAのご協力によるハンガー見学を行いました。ハンガーに入ると大きな機体が参加者を出迎えその迫力に歓声があがり、整備士による説明に熱心に耳を傾けながら、貴重な体験をカメラにおさめる姿が見られました。

 受験者からは、「試験が難しかった。」「ハンガー見学に参加できてうれしかった。」など様々な感想がありました。空港力検定を通じて、成田空港を幅広く知っていただくよい機会となり、またより身近に親しみを持っていただけたものと思います



 正解 63問/全70問
1名   篠木様 兵庫県在住 40歳男性

【第4回チャンピオン受賞のコメント】

最高得点を取ることができたとのお知らせを頂き、大変嬉しく思っております。第2回・第3回の試験も受けたのですが、いずれもシルバー止まりで悔しい思いをしていたので、今回の結果には喜んでおります。今年はかなり勉強したつもりなのですが、それでも頭を抱える問題がいくつもありました。今回ゴールドで最高得点というのは、運が良かったという面も多分にあります。
この検定試験において得点を稼ぐためには、検定対策として紹介されている「成田空港ハンドブック」を見ておくことが必要なのですが、ホームページ上に掲載されている「成田空港~その役割と現状~」を一読しておくことも重要かと思います。
また、成田空港とその周辺分野(観光地やバス、鉄道等)の動向に関して普段から新聞やニュースなどで関心をもっておくことも必要です。さらに、近隣にお住まいの方は、空港ターミナルや周辺の展望スポットなどで休日を過ごされると活字からの知識だけではなく実体験に基づいた知識を得ることができ検定対策としても役立つのではないでしょうか。
そして、試験直前には空港会社や空港振興協会のホームページをよく見ておくと得点を上積みすることができると思います。
試験終了後には、空港周辺ツアーといった楽しみもある試験ですので来年以降も楽しみにしております。

7名
29名

受験者数:  158名
最高得点:  63問/全70問
平均点 :   42問/全70問(正解率60%)

第3回成田空港力検定の様子  
第5回成田空港力検定の様子
トップ