NAN NO,188  NEWS-9

めざせCS No.1エアポート 今月のお客様の声

 
その他のニュース

●成田空港開港30周年記念イベント
中学生海外派遣事業
ジェットエアウェイズ就航!
新型電動トーイングタグ車 実証試験
リムジンバス 特別ラッピングバス運行
見学会実施
日本文化の紹介 着物の着付け体験
周辺観光案内リニューアル
●めざせCS No.1エアポート 今月のお客様の声
第10回クリーンアップ運動
000
000
 間もなく梅雨の時期を迎えますが、さわやかな笑顔でのサービスをこころがけましょう。
 今月も成田空港へ寄せられたお客様の声を紹介します。

(日本人)
手荷物検査のとき、あるスタッフは、「搭乗券」の一言だけで、荷物を投げてX線へ入れていました。しかも、スタッフ同士でベラベラしゃべっていました。きちんと検査できているのか不安です。まじめに働いている方もいるのに、残念でなりません。

(日本人)
姉が倒れた際、空港スタッフに搭乗口から駐車場までの付き添いなど、色々とお世話になりました。心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

(日本人)
トイレの着替え室を使用しようとしたところ、土足の清掃スタッフが椅子に座って大きな声で話をしていました。着替えをする場所に土足で入り、しかもお客様のスペースを無視するなんて、モラルのない行為だと思います。以前、同じトイレを使用した際、スタッフがトイレの入口で通路を遮るように会話をしていました。周りの迷惑を考えて欲しい。どういう教育をしているのでしょうか?

(日本人)
第1旅客ターミナルビルのある免税店で会計した際、私の方で支払いにミスがあり、レジを担当していたスタッフが、私を探して搭乗ゲートまで走ってくださいました。搭乗ゲートと免税店を走って往復する真摯な姿勢に感銘を受けました。最後に「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と個人名を挙げて謝っていただいき、さらに搭乗口に入るまで見送ってくださいました。こちらが恐縮してしまいそうな、けれど、しつこさのない爽やかな対応に、日本人にしかできない素晴らしいカスタマーサービスを感じました。
 

Narita Airport News/ ナリタエアポートニュース
(c)Narita International Airport Promotion Foundation.-2008.6-